身近の物件が安心して使えること|建築材や点検サービスのこだわり

construction

健康被害の健在

アスベストによる健康被害

fix

今では使用禁止がされているアスベストがそうなってしまったのには、発癌性があることが分かったからです。アスベストは、実は天然にも存在するごくありふれた鉱石の一種です。しかし、超微細な繊維状の構造をもっており、その細さは15.40ナノメートルと言われています。これは、髪の毛の約5000分の1の細さであり、空気中に飛散したとしても人の目ではとても認識できません。アスベストを吸い込むと、人体の様々な防衛機構をすり抜けて、肺の肺胞にまで至ってしまいます。肺胞にたどり着いたアスベストがどのような機序で肺癌を引き起こすのか、はっきりとは解明されていませんが、免疫の過剰発現により放出されたタンパク質分解酵素が肺にダメージを与えるという説があります。

住宅に用いられている建築材について

住宅建築に使用されている可能性のある建材は下記の3種類ですが、直ちに除去が必要なケースは稀です。1つめはアスベスト含有成形版です。アスベストを含むセメントを板状に成形したもので、通常の状態では凝固しているため飛散の恐れはありません。しかし、穴あけや切断をした場合には飛散の恐れがありますので、除去の必要性が出てきます。2つめは吹き付けアスベストです。アスベストにセメントや水などを混合して吹き付け加工したものです。劣化などによる飛散の可能性があります。除去や建物の解体を行う際には特別な準備や施工が必要です。3つめは、アスベスト保温材、耐火被覆材、断熱材です。経年劣化による飛散の可能性は低いですが、切断や破損をした場合は飛散の恐れがあります。こちらも除去や解体の際には特別な準備・施工が必要です。

修繕の必要性

man

物件の購入は人それぞれで一戸建てまたはマンションなどライフスタイルや将来のことを考えてから検討をしています。マンションの場合にはしっかりと管理や修繕工事が行われているかどうかが必要になってきます。

Read More

安心の為の耐震補強

man

日本は地震大国と言われていることから、住まいを作る際には耐震補強をしっかりとすることになっています。これをしておくことで被害を最小限にすることも可能になっていて安心です。

Read More

防火対象物点検の必要

fix

マンションやオフィスビルでよく見られるもので防火対象物点検ですが、これは所有者がではなく今では資格を持っている業者のサービスを利用することが一般的になってきています。

Read More